2020年9月 2日 (水)

ステンドグラス夢夢作品集(4)エジプトのランプ

(4)エジプトのランプ

 

2017_0622_085515aa  2017_0622_085250aa

 

黄色とブルーのグラデーションが美しいガラスを使った行灯型ランプ。

4角柱を4分割し斜めに回すことで形状の面白さと強度を保つことができた。

瑠璃色のキセガラスにエジプトの神々とエジプト文字をサンドブラストで掘り込み、

同色のナギットで流れを出したデザインは、出来上がってみると蛇(コブラ)のようでクレオパトラの物語を彷彿させる。

大きさ(ランプシェード 幅 18㎝ 高さ 60.5㎝ 木製台 25×25㎝)

2017年制作Photo_20200902094601

(いつだったかエジプト展にてエジプト文字やエジプト美術に興味を持った。

動物の顔を持つエジプトの神々の姿はアニメの世界に通じる面白さを感じる。)

 

2020年9月 1日 (火)

ステンドグラス夢夢作品集(3)エジプトの翼

(3)エジプトの翼

Ejiputo2_20200901212201
古代エジプトの棺に描かれた「天空の女神ヌト」を原型に、象形文字のボーダー、リボンなどを加えデザインをまとめた。
ボーダーはサンドブラストで、制作に半年、着想から一年と時間をかけた思い出深い作品。
大きさ(50×60㎝ 真鍮枠)
1996年制作(ホームページやパンフレットの表紙を飾る初期の代表作)

2020年8月29日 (土)

ステンドグラス夢夢作品集(2)銀河鉄道の夜Ⅱ

(2)銀河鉄道の夜Ⅱ

大好きな「銀河鉄道の夜」のモチーフでの第Ⅱ作。
形は変形8面体の置き行灯型で、下部からもLED電球で照らしている。
鉄道車両は、青と赤の2組。
壁に映る光の影も楽しんで欲しい。
2  2018_0209_174558aa
大きさ(ランプシェード高さ 約26㎝ 最大径 約25㎝) 
木製台(照明ボックス)25×25㎝ 高さ8㎝
2018年制作(21年たっても変わらぬ思いを込めて宮沢賢治の世界に再挑戦した。時代や生活の変化はあっても美しいものを求める気持ちは変わらない)

2020年8月27日 (木)

ステンドグラス夢夢作品集(1)銀河鉄道の夜Ⅰ

ステンドグラス夢夢の代表作品を順不同一日一点を目標にご紹介いたします。

(1)銀河鉄道の夜Ⅰ

2010_0322hagaki_20200827171801

 

2010_0322_195459aa

 

誰でも知っている宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」

星の輝く夜空を銀河鉄道がぐんぐん登っていく。

形は変形釣り鐘型のランプで、星と線路をサンドブラストで削り帯状に絡ませた。

裾模様はお花畑。

灯りをつけると、キラキラした青い夜空が広がり、メルヘンの世界が現れる!

 

大きさ(ランプシェード 高さ 約26㎝ 最大径 約25㎝)

1997年制作(宮沢賢治生誕100年の年、義母の介護の日々を過ごしながらガラスピース一枚ごとに多くの思いを込めて1年かけて作りあげた)

 

 

 

2020年8月25日 (火)

夏の終わり

コロナ禍と猛暑の続く東京から逃れ、一か月以上留守にした白州アトリエに戻ってきました。

97歳の母の緊急入院、コロナ疑惑が晴れたものの寝たきり点滴の続く母の受け入れ可能な施設探し・・・・・

母の生命力に希望が生まれ、ようやく施設の目途がつき、入所日が決るまでつかの間の休養です。

夏の終わりと秋の気配を感じながらの朝の散歩。

白州米の稲穂は大きく垂れ、赤紫のヒルガオ、ボタンヅル、さわやかな涼風。

Img_20200825_061719_resized_20200825_110

Img_20200825_060818_resized_20200825_110  Img_20200825_060632_resized_20200825_110

 

最近の作品紹介は先日終了しましたが、

明日からは、ステンドグラス工房「夢夢」の今までの作品群を少しずつオンラインで紹介していきます。

ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

2020年8月 8日 (土)

オンライン作品展(16)波紋の鏡

(16)波紋の鏡


2020_0717_103735aacut

「いにしえの波紋」のランプとお揃いのガラスで小さな鏡を作成。

吊下げても、置き鏡にしても、さりげなく上品。

(約27×26㎝)

2020年8月 7日 (金)

オンライン作品展(15)いにしえの波紋

(15)いにしえの波紋

 

Dsc_0070
波紋のようなアンバー色の流れをもつ美しいガラス。
古代王朝の宮殿に飾るランプをイメージして制作した。
(シェード最大φ 31㎝  全高 42.5㎝)

 
Dsc_0056cut  Dsc_0047cut
2020_0518_203728aa

2020年8月 6日 (木)

オンライン作品展(14)メランコリアの多面体

(14)メランコリアの多面体

2020_0518_100952aacut 2020_0613_151941aacut
久しぶり多面体を作った。青いガラスと若き日の思い出で使った美しいガラスで3ケ。
「メランコリアの多面体」と勝手に名付けている面白い形で、花器としても使える。
赤系のガラスで以前作ったいくつかは完売した。
メランコリアとは、憂鬱質というような古代ギリシャの医学用語のようだが、
アルブレヒト・デューラーの銅版画「メランコリア」にこの多面体が描かれていることから、折り紙作家前川淳氏
に推奨されて制作した。
この時期、美しいものを飾って、憂鬱な気分を吹き飛ばしたい!
2020_0518_100758aa
参考:赤系のメランコリアの多面体

2020年8月 5日 (水)

オンライン作品展(13)葉っぱふぶき

(13)葉っぱふぶき

2020_0217_205702aacut
「桜ふぶき」の葉っぱバージョン。
桜の花びらではなく、グリーンの葉っぱのグラデーションを球形の形に織り込んだ。
グリーンの光の影も美しい。

2020_0217_210057aa
シェード10㎝φの球形
全高 約20㎝
参考「桜ふぶき」

Sakurafubuki2013

2020年8月 4日 (火)

オンライン作品展(12)三羽の鳥のモビール

(12)三羽の鳥のモビール

2020_0613_152929aacut
美しい色彩の三羽の鳥のかわいいモビール。
沢山作って鳥たちの楽園にしてみたい。
(鳥の長さ:約12~14㎝)
2020_0613_152057aa

«オンライン作品展(11)海のランプとティッシュボックス